転写プリントを使った場合

女性作業服通販サイトを使って作業服を購入する際に利用できるサービスには転写プリントを使った名入れサービスがあります。こちらには2つのプリント方法があり、それぞれメリット、デメリットがあります。この点を踏まえて、自分の都合に合った方を利用しましょう。

まず1つ目はカッティング転写プリントです。こちらは、1枚のカラーカッティングシートを切り抜いて、熱を利用して圧着するプリント方法になります。これは発色が良く版を作る必要が無いため、小数枚のプリントに向いているそうです。メリットは文字中心の大きいプリントならば、綺麗で縁のない仕上がりのプリントが可能です。金や銀の表現も出来ます。デメリットは色が基本色のみの対応となり、複雑なデザインが出来ず、文字や線が細いものは不可能です。段差があるところには対応出来ません。

2つ目はインクジェットプリントです。これは、インクジェットプリンターで印刷したものを熱で圧着するプリントです。メリットとしては、フルカラーで印刷できるため細かいデザインでもプリント可能です。複数の色を使用できます。デメリットは細かい切り抜きが出来ないためデザインの周りが縁付きとなります。蛍光色や金銀などは表現できず、こちらも段差のあるところには対応していません。


関連記事

  1. 作業服名入れの世界
  2. 刺繍を使った場合
  3. シルクプリントの場合