作業服名入れの世界

作業服1日の3分の1以上を過ごすことが多い仕事の時間。そこで着用する作業服には多かれ少なかれ、誰しもこだわりを持っています。そして、それは企業が率先してモチベーションを高めていくことが出来る要素でもあるようです。通販サイトを利用して作業服を購入する際に受けることが出来る名入れサービスとはどのようなものなのでしょうか。

まず、名入れサービスにはそれぞれ違った方法があります。刺繍を使った名入れサービスは洗濯に強く、立体感のある存在感たっぷりの仕上がりにつながります。しかし、小さなデザインには向きません。転写プリントにはそれぞれカッティング転写プリントとインクジェット転写プリントの2つがあります。カッティング転写プリントの場合、文字中心の大きなデザインであればフチなしの仕上がりが期待できます。しかし、複雑なデザインはできません。インクジェットは細かなデザインが可能ですが、切り抜きが細かくないため、フチがついてしまいます。最後にシルクプリントですが、こちらは版を作って直接インクでプリントするため、洗濯にも強く大量生産に向いています。しかし、製版費用がかかったり、一定枚数以下の追加が出来なかったりと小規模の生産には向いていません。

企業であればどこでも作業服に名入れをしているのが当たり前です。どのような名入れを入れるかが企業の特色を表すと言っても過言ではないかもしれません。奥深い作業服の名入れの世界をどうぞご堪能ください。貴方の助けになれば幸いです。