シルクプリントの場合

男女作業服通販を使って購入するときに名入れサービスを利用できることがあります。その方法の中にはシルクプリントというものがあります。シルクプリントとは、まず版を作り、その上からインクを刷り込ませることで、まるで版画のようにプリントをする方法のことです。こちらにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

まず、メリットですが、洗濯に強いです。直接インクにつけてプリントをする方法のため、耐久力もあります。また、版を作るため、多く刷れば刷るほどお得になります。大きいサイズを作りたい場合単価がやすくなり、細かいデザインも出来るようです。デメリットとしては、初回に製版費用がかかります。一定の枚数以下の追加が出来ないため、少数の作成に不向きです。大きさの制限があるうえに、段差のある部分には対応出来ないため、注意しましょう。

シルクプリントは一般的なプリント方法であるとも言われています。大量生産する際には低コストで作成できるメリットがあるので、多くの枚数を必要としている人にはオススメだと言えるでしょう。逆に、製版費用がかかる上に、少数の作成に向かない特性があることから、小規模な展開を希望している人には不向きだと言えるようです。


関連記事

  1. 作業服名入れの世界
  2. 刺繍を使った場合
  3. 転写プリントを使った場合