シルクプリントの場合

男女作業服通販を使って購入するときに名入れサービスを利用できることがあります。その方法の中にはシルクプリントというものがあります。シルクプリントとは、まず版を作り、その上からインクを刷り込ませることで、まるで版画のようにプリントをする方法のことです。こちらにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

まず、メリットですが、洗濯に強いです。直接インクにつけてプリントをする方法のため、耐久力もあります。また、版を作るため、多く刷れば刷るほどお得になります。大きいサイズを作りたい場合単価がやすくなり、細かいデザインも出来るようです。デメリットとしては、初回に製版費用がかかります。一定の枚数以下の追加が出来ないため、少数の作成に不向きです。大きさの制限があるうえに、段差のある部分には対応出来ないため、注意しましょう。

シルクプリントは一般的なプリント方法であるとも言われています。大量生産する際には低コストで作成できるメリットがあるので、多くの枚数を必要としている人にはオススメだと言えるでしょう。逆に、製版費用がかかる上に、少数の作成に向かない特性があることから、小規模な展開を希望している人には不向きだと言えるようです。


関連記事

  1. 作業服名入れの世界
  2. 刺繍を使った場合
  3. 転写プリントを使った場合

転写プリントを使った場合

女性作業服通販サイトを使って作業服を購入する際に利用できるサービスには転写プリントを使った名入れサービスがあります。こちらには2つのプリント方法があり、それぞれメリット、デメリットがあります。この点を踏まえて、自分の都合に合った方を利用しましょう。

まず1つ目はカッティング転写プリントです。こちらは、1枚のカラーカッティングシートを切り抜いて、熱を利用して圧着するプリント方法になります。これは発色が良く版を作る必要が無いため、小数枚のプリントに向いているそうです。メリットは文字中心の大きいプリントならば、綺麗で縁のない仕上がりのプリントが可能です。金や銀の表現も出来ます。デメリットは色が基本色のみの対応となり、複雑なデザインが出来ず、文字や線が細いものは不可能です。段差があるところには対応出来ません。

2つ目はインクジェットプリントです。これは、インクジェットプリンターで印刷したものを熱で圧着するプリントです。メリットとしては、フルカラーで印刷できるため細かいデザインでもプリント可能です。複数の色を使用できます。デメリットは細かい切り抜きが出来ないためデザインの周りが縁付きとなります。蛍光色や金銀などは表現できず、こちらも段差のあるところには対応していません。


関連記事

  1. 作業服名入れの世界
  2. 刺繍を使った場合
  3. シルクプリントの場合

刺繍を使った場合

刺繍を使って名入れをした場合には、どのようなメリットがあるのでしょうか。通販サイトを利用して作業服を購入した際に選ぶことが出来る代表的なサービスの中に名入れがありますが、その中でも刺繍にはメリットやデメリットがあるようです。

作業服そもそも刺繍とは、商品の生地そのものに文字やロゴを刺繍機で縫い付けていくという手法です。こちらの方法を使うことによって生まれるメリットは洗濯に強いということです。他の方法ですと浮いてしまったり剥がれてしまうことがあると言われている名入れですが、刺繍をすることによって洗濯をしても名入れが取れにくいです。そして、立体感が出るため、その仕上がりに存在感が生まれます。つまり、洗濯などの刺激に強いうえに、存在感のある名入れを欲しいという人には刺繍は向いているでしょう。

では、逆にデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。それは、小さなサイズの加工に向かないという点です。大きさや細さに制約があるとされているため、細かなデザインには不向きです。そのため、刺繍を入れたい場合には、そのデザインには気を配る必要があります。

刺繍を使った名入れをする場合にはメリット、デメリットをしっかりと把握して行うようにすることが、通販サイトを利用して作業服を購入するコツだと言えます。

作業服名入れの世界

作業服1日の3分の1以上を過ごすことが多い仕事の時間。そこで着用する作業服には多かれ少なかれ、誰しもこだわりを持っています。そして、それは企業が率先してモチベーションを高めていくことが出来る要素でもあるようです。通販サイトを利用して作業服を購入する際に受けることが出来る名入れサービスとはどのようなものなのでしょうか。

まず、名入れサービスにはそれぞれ違った方法があります。刺繍を使った名入れサービスは洗濯に強く、立体感のある存在感たっぷりの仕上がりにつながります。しかし、小さなデザインには向きません。転写プリントにはそれぞれカッティング転写プリントとインクジェット転写プリントの2つがあります。カッティング転写プリントの場合、文字中心の大きなデザインであればフチなしの仕上がりが期待できます。しかし、複雑なデザインはできません。インクジェットは細かなデザインが可能ですが、切り抜きが細かくないため、フチがついてしまいます。最後にシルクプリントですが、こちらは版を作って直接インクでプリントするため、洗濯にも強く大量生産に向いています。しかし、製版費用がかかったり、一定枚数以下の追加が出来なかったりと小規模の生産には向いていません。

企業であればどこでも作業服に名入れをしているのが当たり前です。どのような名入れを入れるかが企業の特色を表すと言っても過言ではないかもしれません。奥深い作業服の名入れの世界をどうぞご堪能ください。貴方の助けになれば幸いです。